歌舞伎座のトイマン

先日芽々ちゃんさんから歌舞伎座にトイマンの絵が飾られていたと聞きました(芽々ちゃんさんのお母様が見たらしい)。
そうしたら、やはりどんな絵か見たくなりました
ご存知の通り、歌舞伎座は現在建て替え中で見に行くことができません
さらにどんな絵なのかもわからず・・・・
ヒントは横山大観

トイマンチェスターテリアは横山大観がイギリスから連れてきたのが最初と言われています
だから最初は横山大観作と思って探しましたが、歌舞伎座に横山大観作の犬の絵はなく。。。
検索キーワードをいろいろと変え、歌舞伎座に飾られていた絵を写真で撮った方のブログからついに発見
「犬(庭の一隅)」 小林古径 1932(昭和7)年 ← クリックしてね
という絵です。
2階に飾られていたらしい。
この方の解説には、横山大観から譲られた日本テリアとありますが、横山大観が飼っていたのはトイマン。
絵はないのですが、古美術骨董品のオークションサイトには、『古径の洋犬好きは夙に有名で、作品中にもたびたび数種の愛犬が描かれる。掲出の洋犬(トイマンチェスターテリア)は、1932年頃に横山大観が英国から持ち帰り、古径をはじめ安田靱彦・藤井浩祐らが愛玩したもので、イングリッシュ・トイ・テリアの別名をもち、英国貴族が鼠狩りのために改良した犬種である。・・・・』と記載されています。
歌舞伎座にトイマン、本当にいました

昨年この絵は山種美術館で公開されていたようですが、今は見ることができません。
平成25年春に新歌舞伎座は開場の予定です。
そうしたらぜひこの絵を見に行きたいな。
画像

驚いたでちゅ~
(iPhoneの漫画カメラです)



いつも読んでくださり、どうもありがとうございます。
クリックをどうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ トイ・マンチェスター・テリアへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

めめちゃん
2012年11月09日 07:03
大観じゃなくてごめんなさい!きっと母
よく見てなかったんたね~

来年なんだね。一緒に見に行きましょうよ!楽しみ(^o^)
キティ
2012年11月09日 10:02
歌舞伎座は数回行ってるけど
まったく気が付かなかったわ~(><)
これは見に行かなきゃだわね!
みんなで歌舞伎座ツアーしなきゃね(*^^*)
ジュリア
2012年11月09日 11:29
★めめちゃんさん、こんにちは
絵には作者とか書いてないらしいよ。
でも本当にいいことを教えてくれて、本当にどうもありがとう。
うちの子たちのルーツをたどっているようで、すごく楽しく調べられました。
一緒に見に行こうね!
ジュリア
2012年11月09日 11:33
★キティさん、おはようございます。
あまり大きい絵ではないみたい、絵の前に花が飾られていて見えなくないこともあるみたいよ。
みんなで見に行こうね!
なんちー
2012年11月10日 08:28
トイマンがいつ頃から日本にいたかなんて考えたことなかったです!
勉強になりました(*^^*)
歌舞伎座に行ったら絶対さがしちゃいますね♪
ジュリア
2012年11月10日 17:03
★なんちーさん、こんにちわ
トイマンは明治時代は文化人に愛された犬らしいです。
歌舞伎座にホント速く行きたーい!

この記事へのトラックバック